FGF化粧品・EGF化粧品・IGF化粧品をお探しの方必見!!

最先端化粧品『 FGF・EGF・IGF』化粧品徹底解説!!

皆様、日本全体でのコロナの自粛が解除され少しずつ日常に戻りつつある今日この頃、しっかり美肌維持しておられますか?


さて本日は、今話題の美肌に欠かせない成分、FGF・EGF・IGFも含む『成長因子』について徹底的に

解説したいと思います。


まず初めに、
『成長因子』とはどんなものなのか
FGFとは
EGFとは
IGFとは
どういった成分なのか詳しくご紹介したいと思います


まず

『成長因子』
せいちょういんし、英: Growth factor)とは、動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称である。増殖因子、細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)などともいう。様々な細胞学的・生理学的過程の調節に働いており、標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異的に結合することにより、細胞間のシグナル伝達物質として働く。

歴史を見ると過去には、種々の生物や組織に対して成長を促進する物質を指して成長因子と呼び、ビタミンなども含んだ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


とても難しい表現も含まれていて分かりにくいですね。。。


要するに、
もともとヒトの体内にあるタンパク質「グロスファクター(細胞増殖因子)」で、特定の細胞を増やしたり、分裂、調整を促進してくれるタンパク質という事です。

私の身体にもありますし、皆様一人ひとりの体内にも存在している成分ですので、安全性は高いと言えます。

分泌量は年齢と共に減少し、それに従って肌には様々な加齢のサインが現れる様になると言われています。

成長因子配合されている化粧品は、年齢と共に乱れがちな肌の生まれ変わりをサポートし、みずみずしくダメージ知らずの素肌に導くと期待されます。

そして、これからの美肌ケアに欠かせない成分だといえます。

その中でもこれから説明する、FGF・EGF・IGFの3種類が特に重要と言えます。

では、まず

『FGF』
は、
線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし、英: Fibroblast growth factors)は、血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因子の一種。FGFはヘパリン結合性タンパク質で、細胞表面のプロテオグリカンの一種ヘパラン硫酸と相互作用を持つことがFGFのシグナル伝達に不可欠なことが明らかになっている。FGFは広範囲な細胞や組織の増殖や分化の過程において重要な役割を果たしている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


難しすぎますね。。。(笑)

要するに、FGFは、成分名の通り肌のハリや弾力を司る「線維芽細胞」がある真皮への働きが高く注目されており、コラーゲンやエラスチンの生成を促進し、シワ、たるみへの回復効果があるとされています。

また、EGFとの相乗効果でコラーゲンやヒアルロン酸の合成も促進され、肌密度が上がったようなハリと潤いを育みます。

女性がお肌の衰えを感じる、シワ、たるみなどを改善する為に、欠かせない成分がFGFなんです。
次に

『EGF』とは、
上皮成長因子(じょうひせいちょういんし、Epidermal Growth Factor; EGF)は53アミノ酸残基及び3つの分子内ジスルフィド結合から成る6045 Daのタンパク質。細胞表面に存在する上皮成長因子受容体 (EGFR) にリガンドとして結合し、細胞の成長と増殖の調節に重要な役割をする。上皮増殖因子、上皮細胞成長因子、上皮細胞増殖因子とも呼ばれる。胃酸分泌抑制因子β、ウロガストロンβと同一物質である。1962年、マウス新生児に投与すると成長を促進する物質として、スタンリー・コーエンらによって唾液腺から発見された。


本当に頭が破裂しそうな説明ですね。。。(笑)


EGFとは、上皮=表皮を指し、角質層・顆粒層・有棘層・基底層への働きかけが期待される成分といわれています。

皮膚の再生周期をコントロールし、細胞分裂を促進して既存の老化表皮細胞を回復させる作用があります。
また、FGFとの相乗効果でコラーゲンやヒアルロン酸の合成を促進させます。

美肌に興味のある美容ユーザーが最初に飛びついた成長因子と言えるでしょう。

要するに、皮ふ(人から見られる表面の部分)をキレイに美しくしてくれる成分として重要な存在であるという事です。

鏡で見る自分の顔、人から見られる自分の顔がキレイと判断するのは、表面の皮です。

ニキビ、シミ、くすみ、毛穴、小じわなどなどのケアには、EGFが欠かせない成分であると言えます。

最後に、

『IGF』とは、
(インスリンようせいちょういんし、IGFs、英: Insulin-like growth factors)はインスリンと配列が高度に類似したポリペプチドである。細胞培養ではインスリンと同様に有糸分裂誘発などの反応を引き起こす。IGF-2は初期の発生に要求される第一の成長因子であると考えられるのに対し、IGF-1の発現は後の段階で見られる。マウスでの遺伝子ノックアウトによってこれが確かめられたが、他の動物ではこれらの遺伝子発現の調節を別々の方法で調節するらしい。IGF-2が胎児の発生に必要とされている間は、脳、肝臓、腎臓の発生と機能に関しても必要である。

インスリン様成長因子1(IGF-1)は主に肝臓で成長ホルモン(GH)による刺激の結果分泌される。IGF-1はソマトメジンCとも呼ばれる。人体の殆どの細胞、特に筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺の細胞はIGF-1の影響を受ける。インスリン様効果に加え、IGF-1は細胞成長(特に神経細胞)と発達そして同様に細胞DNA合成を調節する。

IGF-2は哺乳類では脳、腎臓、膵臓及び筋肉より分泌される。IGF-1よりも特異的な作用をし、大人ではインスリンの600倍の濃度でみられる。

IGF-1とIGF-2はIGF結合タンパク質として知られる遺伝子ファミリーにより調節される。これらのたんぱく質は、おそらく受容体への配達を助け、IGFの半減期を伸ばすことでのIGF作用の促進とIGF-1受容体への結合の妨害によるIGFの作用の抑制の両方へ関わる複合体となってIGFの作用の調節を助ける。近年、6つのIGF結合タンパク質(IGFBP1-6)が特徴づけられた。一方でIGFに媒介されない機能がそれらのタンパク質で提唱されるが、決定的な証拠は示されていない。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


・・・・難しくて長い!!


IGFを簡単に説明すると、成長ホルモンの機能に似た増殖因子で、破損している細胞の再生を促進させます。

また細胞再生により生じた老廃物を体外に除去する作用もあります。

使える細胞は元気にして、破損した細胞は老廃物と一緒に身体からだす様に働くことで、常に正常な細胞
元気な細胞でお肌を維持する働きがある言えます。

さらに、FGF・EGFとの相性が良く、各成長因子の効果を何倍にも高めてくれる作用もあります。

これにより相乗効果が高まり、単体の成長因子で配合されている化粧品より効果が高まると言って良いと思います。
これらの事で、お分かり頂けたと思いますが、成長因子とは、安全性が高く、肌を正常で若々しく保つ、またアンチエイジングを図る際に、必要不可欠な成分と言えます。


進化してきている美容業界、ケア方法としては、最新のケアと言えます。

ただし、配合されているだけでキレイになるかといえばそうではないです。

キレイになる為には、まだまだ秘密があります。

その辺りは、また次回詳しくご紹介出来ればと思います。

成長因子配合 化粧品

GFナノエッセンスBP-S EGF化粧品 FGF化粧品 IGF化粧品
BXナノエッセンス
ACナノエッセンス