コロナ禍は化粧水を2倍以上使うのが常識!?マスクに負けない肌作り!!

皆様、コロナのであらゆる様式が変化して来ている昨今ですが、変化に遅れることなくしっかり対応されているでしょうか?


手洗いうがい、手指消毒、マスク着用の徹底。
これで、コロナウイルスの侵入を阻止する事はある程度出来ているとされています。
あとは、免疫効果を高める規則正しい生活、食生活を過ごす事もとても大切です。
新しい生活様式に変化し、この点をしっかり押さえているか、「私は大丈夫!」と安心されている方も
おられると思います。


でも、コロナウイルスの侵入を防ぐことが出来ても、紫外線の侵入を防ぐことも、
美肌やアンチエイジングに対しての対策は、おろそかになっている方がとても増えています。


今後増えると危惧していることは、
マスク着用による、
「マスク焼け」
「マスクかぶれ」
「マスクニキビ」
「マスク荒れ」
「マスクたるみ」
「マスク炎症」
「マスクかゆみ」
「マスク赤み」

などなど、マスクを付けないといけない生活様式に変化した為に起こる
肌トラブルがこれからどんどん急上昇していきます。


今トラブルが起こっていないから安心。という方も中にはおられると思いますが、
トラブルは、見えている所だけで起こっていません。
お肌の奥に隠れていることもあり、ある日突然遅れて現れるころも。。。

そうならない為に、またなっても慌てない為にしっかりと原因と対策を知っていただきたいと思います。
まず原因はというと、あらゆる事を新しい生活様式に変化したのに、

肌へのお手入れ方法は、いままでのまま。というより、マスクで覆っている分があるので、
メイクも半分、お手入れも半分。

なんて事をしているという方が大変多く伺います。
本当にびっくりしています。。。

お肌は、手をかけて上げれば、あげるだけで、肌結果としてしっかり表れてきます。
でも、半減した、または足りていないお手入れでは、やはり肌結果として表れるのは難しい事です。
ただでさえ、女性は月の周期でホルモンバランスが不安定になり男性に比べて肌が荒れやすい状態と
隣合せです。

自分に合った化粧品で正しいケアを正しい量で行う事がとても重要になってきます。

ということからも分かる様に、マスクを着用する事であらゆる肌トラブルが急上昇しているのは、
決定的に、『量が足りていない』といえます。

マスクの着用で、まず肌に密着します。
長時間密着すると、肌とマスクが擦れて刺激となります。
また、密着する事で肌の潤いなどもマスクに吸収され、肌が乾燥していきます。

そして、マスク内は息がこもり、湿度が高くなり「蒸れ」も原因の一つと考えられます。
湿度が高くなると、皮膚に住む常在菌たちの繁殖も活発になっていきます。
ニキビの原因ともいわれるアクネ菌もその一つです。
しっかりケアが出来ていれば、繁殖も抑えることはできますが、半減しているとニキビに発展していきます。

マスク着用で隠れる部分は、薄メイクという方は、ウイルスの侵入を防げても、紫外線の侵入を防ぐことが出来ておらず、日焼けしてしまう方やシワやたるみに発展する事にもなっています。
マスク着用でもしっかりフルメイクを心掛けて頂き、紫外線の侵入も防いで頂く事をおすすめします。


あと、使い捨てマスクや今流行りの繰り返し使えるマスクなどあると思いますが、これらを洗濯機に入れ、
衣類等と一緒に洗われている方もおられると思います。
ここが注意点です。。。最近の洗濯洗剤は、様々な香りを使って洗い上がりの心地よい匂いを持続させています。
また、洗浄力も高くなっています。

これらの洗剤を使ってマスクを洗っておられる方、着用時にマスクからいい香りを感じておられる方、
マスク焼けやかぶれ、炎症、かゆみなどアレルギー反応が起こる可能性がありますので、注意してください。

何故かというと、香水は皆様何処に使われますか?


首筋や手首、足首など、日差しが当たりにくい場所に使われると思います。
なぜ、いい香りなのに顔や腕、体全体に使わないのか。。。

それは、日差しに当たると、日焼けなどアレルギー反応が出てしまうからです。
今、化粧品から匂いが消えつつあるのもそのことを理解した方がお客様に増えたからです。

ですので、匂いのついたマスクで日中生活するのは、やめられた方がお肌には良いです。
では、対策として、何が必要か。。。


原因をお伝えした部分にもありますが、改めてお伝えします。

対策のポイントは3つ!

・あらゆる刺激への抵抗力を作る為に化粧水、美容液をたっぷりと与え、乾燥肌にしない。
・外出する際は、マスクで隠れる部分もしっかりメイクをする。
・美肌作りの第1歩「クレンジング・洗顔」で清潔な肌を作る。

です。


まずは、抵抗力のある肌作りが大切です。
乾燥肌だと、ちょっとした事ですぐに肌が荒れてしまいます。
でも、水分量が満たされている肌は、刺激にも耐えられ、紫外線の侵入も防げます。
仮に、肌トラブルになったとしても、新陳代謝も促進されているので、回復が早く正常な肌を
キープしやすくなります。

水分量を満たした肌にするにも、化粧水を通常の2倍~3倍を目安に塗布してください。
シルバーパフを使わずに手を使って塗布される方は、4倍が目安です。
水分は不足している部分へ吸収されます。手が乾燥している方は、顔ではなく、手に化粧水が吸収されています。
ですので、手ではなく、シルバーパフをお使い頂く事をオススメします。

ゆっくりと化粧水を塗布できれば、せっかく塗布した化粧水が蒸発しない様に、美容液、クリームで
保護していきます。美容液、クリームも押し込む様にゆっくりと馴染ませてください。

乾燥しない水分で満たされた肌作り=抵抗力のある肌作りとなります。
是非やってみてください。


次に、外出する際は、必ず日焼け止め・ファンデーション・おしろいなどを使い、日焼け対策を万全にしてください。
リップカラーに関しても、マスクに付着してすぐ取れるからしない方が多いですが、リップの潤い保護の為にもリップカラーやリップグロスをお使いください。マスクへのリップの付着が気になる方は、シルバーパフを一枚マスクの中に入れておけば、マスクへの付着も軽減できます。
是非お試しください。



最後に、クレンジング・洗顔でメイクも汚れも、マスク内で繫殖し過ぎた菌もキレイに洗い流す事が大切です。
ゴシゴシ洗うのは、肌へのダメージになりますので、泡で優しく洗って下さい。
そして、洗い流すお湯の温度もとても大切です。
シャワーを使って、熱めのお湯で洗い流すと、乾燥を促進させてしまいます。出来ればぬるま湯以下の水温、
熱さ冷たさをそんなに感じない人肌程度の温度で優しく洗い流してください。
これだけでも、肌のさわり心地やツッパリ感が変わって来ます。
これから冬場に入る為、お湯を使いたい気持ちも分かりますが、お顔だけはぬるま湯以下の水温をお試し下さい。


以上これらのポイントに注意し、しっかり取り組んで頂ければ、コロナ禍でのマスク着用による肌トラブルも、
また、コロナが終息した後でも美肌を維持し、いつまでもキレイでい続けていただけることでしょう。
本当にいい化粧品にめぐり合うことも大切ですが、化粧品を使う皆様の使用方法も大切です。
是非、今日からはじめみてください。

kiso_item-10 モイストローションWL ホワイトニング リフトアップ 20代 30代
kiso_item-06 ロイヤルローションSG 保湿効果 水分補給 漢方成分配合
kiso_item-02 チェローネモイスチュアローション 浸透力高い 保水保湿効果 透明感 高級化粧水 愛用者納得
スキンローションSⅡ アロエ 収れん作用 炎症鎮静作用
ローションC2E ビタミンC 2倍 ビタミンE 配合 ホワイトニング効果
kiso_item-15 康佳潤肌化粧水 漢方化粧水 アトピー肌用 敏感肌用 炎症鎮静化粧水